ハートの絵文字の色はそれぞれ意味がある!使い方で良好な関係を

本ページはアフィリエイト広告を利用しています

あなたはメールやLINEなどで、ハートの絵文字を送ることがありますか?

絵文字のハートがなぜ何種類もあるのか不思議に思ったことはありませんか?

実はあなたが送ったハートは、その色に大切な意味が込められているのです!

私は、その時の気分で好きな色のハートを送っていたので、色の意味なんて全く気にしたことはありませんでした。

しかし特に海外では、ハートの色と意味をとても重要視しているのです。

海外に知り合いがいた場合、同じハートでも色によって誤解を招いてしまうこともあるので注意しないといけないんです!

調べてみると意味のあるハートの色は12種類あったので、1つずつ意味を見ていこうと思います。

また、ハートの色以外にも形によって意味が違うものやハートを送る人の心理についても紹介しますね。

目次

ハートは色によってそれぞれ意味が込められている!

日本ではあまり浸透していませんが、海外ではほとんどの人が知っている程ハートの色には大切な意味があるのです。

あなたは、メールなどでハート絵文字を送ることはありますか?

家族や友人、気になる人など送る機会は結構ありますよね。

いざ、ハートの絵文字を送るときに何色(なんしょく)かあって、どれを送ろうか迷ってしまったということがあるのではないでしょうか。

私は、今までオレンジ色や黄色など明るい色のハートを送ることが多かったです。

明るい色といっても、赤色はなんとなく安易には使っていけないような気がしていました。

まずは、ハートの色と意味を一覧にまとめてみました。

ハートの色意味
あなたのことを愛しています
ピンクあなたはかわいい人ですね
オレンジあなたのことが好きです
黄色あなたはユニークな人ですね
あなたはおもしろい人ですね
あなたのことが恋しいです
水色あなたの恋人になりたいです
あなたは優しい人ですね
茶色あなたは私の親友です
灰色あなたのことが気になります
あなたのことが嫌いです
あなたのことが好きでした

では、海外(主に英語圏で使われている)ハートの色に込められた意味について1つずつご紹介していきますね。

赤色のハートの意味

「あなたのことを愛しています。」…I Love You 

愛、愛情、感謝などの大切な人に対しての愛情表現として使われる色です。

ハートの色を聞かれたら、赤色を想像するくらい定番の色ではないでしょうか。

ピンク色のハートの意味

「あなたはかわいい人ですね。」…You’re cute

かわいい、恋、恋愛などのキュンキュンしているような気持ちを表す色のハートです。

恋を表している色なので、好きな人に対してあなたもよく使う色のハートではないでしょうか?

恋以外にもかわいいものに対して、使われる色になります。

オレンジ色のハートの意味

「あなたのことが好きです。」…I like you

友達に対して使うことの多い色のハートになります。

安心感がある、一緒にいると落ち着く、信頼しているなどの意味があり気軽に使える色かと思いますよ。

黄色のハートの意味

「あなたはユニークな人ですね。」…You’re unique

黄色自体に友情、幸せ、ユニーク、金運アップという意味があり、一緒にいると楽しい友達に送るハートの色になります。

ユニークな人で楽しい!と明るい話や楽しい話をしている時に送るのが良いですよ。

緑色のハートの意味

「あなたはおもしろい人ですね。」…You’re funny

おもしろい、ユニークという意味がある色になります。

黄色のハートの意味と同じように感じますが、緑色は新しく出会った人に対して送る色なのです。

また、「あなたのことが羨ましい」という嫉妬の意味もあるので、文脈を考えて送らないといけないため注意してください。

青色のハートの意味

「あなたのことが恋しいです。」…I miss you

恋しい、揺るがない愛情や信頼という意味がある色になります。

家族や大切な友達に対してさびしい時、会いたいときに使われる色なのです。

水色のハートの意味

「あなたの恋人になりたいです。」…I want to be

好きな人に対して、送るのに使われる色です。

告白の意味があるので、使うときは気のない人に送らないように注意しましょう。

紫色のハートの意味

「あなたは優しい人ですね。」…You’re sweet

紫色に「やさしい、ロマンティック」などの意味や「魅力的」という意味があります。

異性に送るときは誤解を招かないように、前後の文や送る相手に注意が必要です。

また、アメリカには国を守るために戦傷した軍人に送る「パープルハート賞」という勲章があります。

茶色のハートの意味

「あなたは私の親友です。」…You’re my best friend

茶色から「土や木」を連想しませんか?大地は人間にとって落ち着く場所ですよね。

色の連想から、落ち着く場所という意味で使われているのです。

灰色のハートの意味

「あなたのことが気になります。」…I’m interested in you

恋愛感情として、好きまではいかないけれど気になっているということを意味します。

脈がありそうな人に送ってみるのがいいですね。

ほかにも、「成功、よかった」という意味があるので、応援しているという気持ちを込めて使いましょう。

黒色のハートの意味

あなたのことが嫌いです。」…I hate you

海外の人に送ったりSNSで発言したりする場合は、特に注意が必要な色のハートです。

しかし、仲の良い友達に送る場合は、ブラックジョークとして使うこともあるので送られて来たとしても気にする必要はありません。

白色のハートの意味

「あなたのことが好きでした。」…I used to like you

恋人との終わりを告げるときや、もう未練はないと表現をするときに使われる色です。

「好きでした。」と過去形で言われるなんて、切ないですよね。

以上、12色のハートについて見てみましたがこんなにきちんとした意味があったなんて、びっくりしませんか?

何気なく送ったり、送られたりしたハートの色で気持ちを考えることができますよね。

韓国では意味が違うハートの色

一般的に海外で使われているハートの色の意味について見てきましたが、実は韓国では黒色と白色の意味が海外とは違うのです。

黒色

海外では黒色は「あなたのことが嫌いです。」という意味でしたよね。

しかし、韓国では「たっぷりの愛情」という意味で使われています。

黒いハートは、中が満タンに満たされているように見えることから愛情がたくさん入ったハートという意味で使われているのです。

白色

白色のハートは、海外では「あなたのことが好きでした。」という意味でしたよね。

韓国では、「空っぽの愛情」という意味で使われています。

白いハートは、中身が入っていないスカスカの空っぽのように見えることから、空っぽの愛情という意味で使われています。

ほかの色は、海外と同様の意味なのですが、韓国でだけ黒色と白色のハートの色の意味が違うのっておもしろいですよね。

もしかしたら、ほかにもその国だけでの意味があるハートの色があるかもしれませんね。

ハートは色以外でも絵文字に意味がある!

携帯に表示されるハートの絵文字って色だけではなく形が違っていたり、アクセントが付いていたりするものもありますよね。

形が違うハートにもそれぞれにきちんと意味があるのです。

ハート意味
動いているハート愛や恋の強調、ドキドキする
2つ重なったハート家族、友達との強い絆
星が付いているハート幸せ、楽しい愛
割れているハート失恋、大切なものを無くした喪失感

いろいろな形のハートについて、それぞれの意味はいかがでしょうか?

私は、2つ重なったハートをよく使うのですが、色と見た目がいいなと思って選んでいたので、意味まで考えていませんでした。

日本では、「見た目が好みだから」や「変換で1番最初に出てきたから」という使い方をする人が多いですよね。

しかし、海外では色も形もきちんと意味を理解した上で使っているのです。

形が異なるハートの絵文字を使う注意点

先にご紹介した12色のハートの絵文字は、海外でも意味が通じるものです。

しかし、形やアクセントのついたハートは日本と海外では、意味が通じないことがあるのです。

なぜ、このようなことが起こるかというと、絵文字は元々日本で生まれた文化になります。

現在は世界中で使われているのですが、すべての絵文字が伝わっているわけではないので、日本と海外では同じ絵文字でも意味の捉え方が違うのです。

ハートの色や形は日本だと心理的意味はない!

あなたが、気になる人からハートの絵文字付きのメールが届いたらドキッとしてしまいませんか。

逆に、あまり仲良くない人からハート付きのメールが送られてくると、色に関係なくどんな心理が含まれているのだろう?と考えてしまったことがあるのではないでしょうか。

実は、日本だとハートの絵文字は色にかかわらず特別な心理が含まれていないことが多いのです。

なぜなら日本では海外よりも、ハートの色や形の意味を重視している人はまだ少ないからなのです。

意味よりもハートの絵文字を送るその時の気分で、色を選ぶ人が多いのではないでしょうか?

私も、その時の気分でハートの色を選んで送ることがあります。

明るい話ならばピンクや黄色、落ち着いた話なら青や緑といった感じで選んでいました。

もちろん、好きな人には自ずと赤やピンクのハートを送りたくなりますよね。

しかし、基本的に日本では色や形関係なくハートの絵文字を送る人の、特別な心理は含まれていないのです。

まとめ

  • ハートの色は、12色それぞれ素敵な意味がある。
  • 海外の人にハートの絵文字を送るときは、色の意味に気をつけて使う。
  • 韓国では、黒色と白色だけ海外と意味が違うので、メールで使うときは注意する。
  • 日本人がメールでハートを使うときは、特別な心理が含まれているわけではない。
  • 自分がメールでハートを使うときは、色の意味を考えて送って方が良い。

携帯の絵文字にあるハートには、それぞれ意味が含まれていましたね。

ハートをつけたメールを送る際は、色の意味を知っている人がいるかもしれませんので、使うハートの色に気をつけてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次