エイジングケアはいつから始める?正しいスキンケアとは!

エイジングケアとは

本ページはアフィリエイト広告を利用しています

エイジングケアって何?いつから初めればいいの?

こんなお悩みをお持ちの方はエイジングケアをしてみませんか?

目次

エイジングケアって具体的にはどんなイメージ?

美顔エステへ通ったり、美容意識が高い
30代~50代の方が取り組んでいるイメージ。

このように勘違いされやすいエイジングケア。

エイジングケアとは、加齢(エイジング)に応じたお手入れ(ケア)することを指します。エイジングの原因と言われる紫外線や乾燥を予防すると同時に、エイジングケアに効果的な成分を配合したコスメを使用するのが一般的な方法。
また、バランスのいい食生活や質の良い睡眠を摂るなど、生活習慣も併せて全般的に見直すことが大切です。

人は、年齢を重ねるにつれて体力とともに肌の機能も衰えてきます。
その基準は20歳前後をピークに肌代謝が落ち始め、ハリの元となるコラーゲンの産生量や、保湿機能を司るヒアルロン酸の分泌が減少するんだとか。

「明らかな変化は分からないけれど、なんとなく乾燥しやすくなった」「夕方になるとなんだか肌がくすむ気がする」
皆さんはこのような肌トラブル・症状を経験していませんか?こういった症状は肌の初期老化と言われており、年齢に関わらずエイジングケアが必要なサインでもあります。

ネット環境が当たり前になり、多様な情報源を持つ時代で誤った情報に左右されず、正しいエイジングケアを取り入れることが肌の老化を防ぐ・改善するキッカケとなります。

エイジングケアはいつから始めるべき?

このページを閲覧している方は「エイジングケアに興味がある」という方がほとんどだと思います。

最近化粧ノリが悪くなってきた、毛穴が縦に広がってきた、口角が下がってきた、シミがうっすらと出てきた、法令線が気になり始めた..など、以前は気にならなかった肌の変化を感じるようになったときがエイジングケアの始めどきです。

エイジングのサインは人それぞれでなので、バランスの悪い食生活や睡眠不足などが続いている人は、20代前半でエイジングサインが出る場合も
気になったら、生活改善とともにケアが必要です。逆に遅すぎる場合はトラブルが進んでいるので、若い頃に比べると化粧品の効果が出にくい場合も考えられます。
下記のようなエイジングのサインを感じたら、早めにお手入れをしましょう。

要注意!エイジングサイン

  • 毛穴が開いて目立ってきた
  • ほうれい線やシワ(額、目尻、口元など)がくっきり
  • おでこのしわが目立つ、頬がたるんできた
  • 肌がカサついてお化粧がういてしまう
  • 化粧水・乳液の浸透が悪い
  • シミが増えてきた
  • 起きてから、顔の寝癖がいつまでも消えない

20歳をすぎると、肌の新陳代謝がゆっくりと低下して初期老化が始まります。
しかしエイジングサインが出てくるタイミングは、人それぞれなので普段からしっかりとお肌の調子をチェックすることが重要です。

早くからエイジングケアをすることは悪いことではありません。
一般的に35歳以降になってくると、本格的なエイジングサインが気になり始めます。たとえば「ほうれい線が出始めた」「シミが明らかに濃くなってきた」と悩んでいる場合は、化粧ノリが悪い、エイジングサインが隠せず目立つ、なんてことも起こります。これらの悩みが深刻になる前に可能な限り早く、エイジングケアを始めるべきです。

エイジングサインが気になったら、行うべき正しいスキンケア

エイジングサインが気になったら、どのようなスキンケアをすればいいのでしょうか。正しいスキンケアの方法や使用するアイテムなどを詳しくみていきましょう。

クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、クリームなど、基本的なスキンケアを丁寧に行うとともに、まずはアイテムをエイジングケア専用のものに切り替えましょう。そしてたるみ、シミ、毛穴など、気になる肌症状に焦点を当てたアイテムを使用することが悩み解決への近道です。

洗顔料は肌質に合わせてチョイスすること

エイジングケアの第一歩は、まずは洗顔方法を見直すことが重要なんです。
ゴシゴシ洗いや熱いお湯を使った洗顔は、毛穴が開いたり・乾燥肌の原因なのでNG。キメの細かい泡で優しく丁寧に洗い、ぬるま湯でよく洗い流すよがけましょう。

また洗顔料の選び方も重要です。肌質に合わせることが大切ですが、乾燥肌に悩んでいる方は特に肌本来のうるおいを残してくれる洗顔料を選べば、乾燥による小じわが目立ちにくくなります。

今日から実践!正しい洗顔方法

  • ぬるま湯で事前に顔を濡らす
  • 洗顔料をしっかりと泡立てる
  • 泡を転がすように洗う ※皮脂量の多いおでこや小鼻はていねいに
  • ぬるま湯でしっかりすすぐ
  • ポンポンとタオルを押し当てるように、やさしく水分を拭き取る

「スキンケアは洗顔から」と言われるように、肌の調子を整えるには適切な洗顔が重要です。特に肌質というのは個人差があるので「この洗顔料を使えば大丈夫」と一概には言えません。
とくに敏感肌の方は厚化粧を避けて洗顔料を使わずに、ぬるま湯だけでゆっくり時間を掛けて洗顔をしたりするなど、自身の肌に合わせて洗顔方法を考えることが非常に重要です。

乾燥はあらゆるエイジング悩みの原因に

加齢とともに肌本来の保湿力が失われていき、結果的にエイジングサインの原因になることが多いです。
乾燥によって肌のバリア機能が失われ、さまざまな肌悩みを引き起こすことも。そのためスキンケアアイテムは、保湿力が高いものをチョイスしましょう。

また、年齢を重ねることで肌が敏感になる方も多く、これまで大丈夫だったスキンケアアイテムの刺激が気になるようになることもあります。そうした際には、低刺激のアイテムを選びましょう。

今日から実践!乾燥肌対策

  • クレンジング、洗顔をして肌を素の状態に戻したら、化粧水をなじませる
  • 乾燥している場合はそのままコットンに化粧水を浸し、コットンパックをする
  • エイジングケア用美容液を重ね、顔全体にしっかりとなじませる
  • 乳液やワセリンを塗り、マッサージするように優しく浸透させる

体内の60%は水で出来ています。水分が足りなくなると代謝が悪くなり老廃物の排出もできなくなるため、乾燥肌や肌荒れの原因に。水は、喉が渇く前に摂るようにしましょう。ミネラルを補給したい場合はミネラルウォーターを、ダイエット中なら腸を刺激して便秘解消を促す炭酸水がおすすめです。

⚠危険-肌老化を加速させるおそれがある添加物

皆さんはスキンケア製品を購入する際に、添加物について意識したことはありますか?
私たちが何気なく使っている製品には実際には多くの添加物が含まれています。
下記では、肌老化を加速させるおそれがある添加物についてチェックしてみましょう。

  • 防腐剤
  • 香料
  • 合成色素
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

添加物が含まれていることで懸念されるのは肌の毛穴を塞いでしまうことです。毛穴が塞がれることによって肌がザラザラになったり、吹き出物が慢性化することに繋がります。 こうして皮膚呼吸を妨げることは、肌の新陳代謝を鈍らせ、結果的には肌老化を加速させる原因に。

「良いものを選んで使用しているのに肌の調子が良くない・肌トラブルが改善しない…」とお悩みの方はぜひ添加物が含まれているかどうかを確認してみましょう。

このような成分を知っておくことで、自分にあったエイジングケアアイテムを選ぶ際の参考になります。添加物の多くは刺激が少ないので、肌に膜を張る目的で短期的に使う程度でしたら害も少ないと思いますが、長年使い続けてしまうと肌老化の原因になってしまうんです。

今日から実践!簡単にできる「基本のエイジングケア」

エイジングケアと言っても肌のタイプやトラブルなどによってケア方法は大きく異なるので自身の肌タイプなどをよく知ることが重要です。

しかし、自宅で簡単にできる基本のエイジングケアというのも非常に重要なケアとなるので「いつでも若々しく見られる美肌を目指したい」という方はぜひ当項目を参考にしていただけばと思います。

美肌の天敵!紫外線対策は必須

美肌のために気をつけたい紫外線。皆さんは普段から紫外線対策はされていますか?
紫外線対策というと「ちょっと大げさなんじゃない?」と思われる方もいるかもしれませんが、これも立派なエイジングケアです。
紫外線といっても種類は「UVA」と「UVB」の2つが存在します。

UVAは別名:紫外線A波とも呼ばれます。表に届く全紫外線のうち約95%を占めており、私たちの生活のなかでも最も身近な紫外線です。
照射量が多く、シミ・シワ・たるみの「光老化」と呼ばれる肌老化の3大特長の原因でもあります。
UVAの厄介なところはサンカット効果のある窓ガラス以外は透過してしまうので、車の運転中や、テラスや窓際にいるだけでも、日常生活の中で知らず知らずに浴びてしまうので外出をする際には対策することが重要です。

UVBは別名:紫外線B波と呼ばれ、全紫外線の約5%を占めます。おもに肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UVAよりも肌に深刻なダメージを及ぼします。
UVBを浴び続けると肌が赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色になったり、シミやソバカスの原因にもなります。

このように紫外線は美肌の天敵です。加齢に伴うシミやシワの原因のほとんどが紫外線といわれるぐらい、肌に深刻なダメージを及ぼします。
紫外線対策で重要なのは自分のライフスタイルにぴったりの日焼け止め選びと、日々の食生活で紫外線対策を取り入れること。日焼け止め成分の入っているファンデーションや下地も活用して、日々の生活の中から日焼け対策に取り組んでみてくださいね。

生活習慣の乱れは肌トラブルの原因に

ちょっとした生活習慣の乱れが、エイジングを促してしまうことも。
下記のような生活習慣を意識することで、化粧品など外側のケアでは補えない、内側からのエイジングケアができますよ。

食事は3食バランスよく

私たちの体は、食べたもので出来上がっています。もちろん、お肌も例外ではありません。食べたものが悪ければお肌も健康にはなれないですよね。
なかでもお肌の健康を維持するためのビタミンA、ビタミンCといった栄養素が不足すると肌荒れやニキビなどを引き起こしやすくなります。

…ビタミンA:レバー、うなぎ、にんじん、焼きのりなど
…ビタミンC:赤ピーマン、ブロッコリー、レモン、いちごなど

また、極端にカロリー摂取を減らすダイエットをすると、肌に必要なビタミン類、ミネラル類、タンパク質といった成分が十分に摂取できず、パサつきの原因や正常なターンオーバーが崩れることになります。

良質な睡眠でターンオーバーを活性化

睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。
今までは、22時から深夜の2時まで「お肌にとって重要な睡眠時間」と言われていましたが、現在は入眠から3時間後に成長ホルモンが分泌されやすいと言われています。
ゴールデンタイムの睡眠が難しい場合でも、睡眠のリズム意識することでお肌のターンオーバーサイクルを整えることができます。
また、良質な睡眠を得るために寝る時は部屋を真っ暗にする、寝る前にスマホを見ないなど、入眠時の行動も意識してみるとよいでしょう。

便秘はお肌トラブルの元

女性に多い便秘ですが意外なことに、便秘が原因でターンオーバーの乱れに繋がります。
便秘になると、便の腐敗が進み、腸内にアンモニア、フェノールといった有害物質が滞留します。その結果、肌の張りやツヤが無くなったり、ニキビ、肌荒れ、くすみなどの肌荒れの原因に。

このように悩ましい便秘ですが、女性に限らず腸の構造から「日本人は便秘になりやすい」とも言われています。便秘対策として有効なのが食物繊維や水分をこまめにとり、適度な運動を取り入れることです。
便秘改善はダイエットにも繋がる嬉しい効果もありますから、便通が良い状態を保ちましょう。

自分に合ったエイジングケアの見つけ方

エイジングケアで何より大切なのは何を改善したいかです。
そのため、主にエイジングケアに欠かせない成分などを知っておくだけで、「買って良かった」と思えるスキンケアアイテムはず。

例えば…

  • 頬のシミが目立つから改善したい
  • 美白になりたい
  • 深いほうれい線を薄くしたい
  • この先ずっと愛用出来るアイテムを探してる

など、まずは自分のお悩みポイントや症状別にアイテムを選ぶこと。

今日からはじめようエイジングケア

STEP
自分が改善したい症状やお悩みは何?

「シミ・シワを目立たなくしたい」「肌のツヤ・ハリを出したい」などなど..お悩みポイントと改善したい箇所を考えてみよう!

STEP
エイジングケアは「正しい方法で適切な使用を」

エイジングケアにはさまざまなアイテムがありますが、まずはそれらを「正しい方法で適切に使えているか」を確認しましょう。
アイテムごとに役割が異なるため、正しい方法でアイテムを使用すれば、それぞれの効果を最大限に引き出すことができるんです!正しい使用方法についてはパッケージ裏面や公式HPに記載されていることが多いので使用前に必ず確認しましょう。

STEP
肌タイプは人それぞれ、自分に合うアイテムをチョイス

肌のタイプは皮脂量と水分量のバランスによって「乾燥肌」「オイリー肌」「敏感肌」などに分類されており、肌タイプに合ったアイテムを使うことで、効果的なエイジングケアが可能に。
また、肌タイプは季節や女性ホルモンの影響などによって変化するため、常に同じとは限りません。
そのため、定期的に自分の肌の状態をチェックし、肌の状態に合わせた適切なスキンケアアイテムを使用することが大切ですよ。

スキンケアはほとんどの方が経験があるというのが大半だと思いますが、
エイジングケアのような年齢変化に伴うケアは経験がない方も多く、いきなりエイジングケアに取り組むには「分からないことだらけ」という方もいるのではないでしょうか?
そこで、おすすめの方法があります。

【迷った時に】エイジングケアにおすすめのアイテムと賢い選び方

最近シワが目立ってきたからエイジングケアを始めてみたい…でも使う場合は「どんなアイテムを選んだらいいのかな?」と疑問を感じてはいませんか?
多少の個人差はあるものの、30代後半頃になると加齢による肌の変化を顕著に感じ始める方が多いのではないでしょうか。

そろそろエイジングケアに力を入れていきたいとお考えの方。エイジングケア化粧品の選び方のポイントをご紹介。
また、20代・30代・40代で起こる肌の変化や年代別のエイジングケア対策もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エイジングケアは早期の取り組みが大事

エイジングケアといえば年齢に応じたお肌の手入れを指します。
つまり、肌の症状や悩みに関わらずにある程度の年齢に達したときは誰しもが取り組んだほうがいいというのは間違いありません。

エイジングケアで勘違いされやすいのが「肌が劣化してから取り組めばいい」と思われていること。
風邪も病気も早期の発見・治療が大事なように、エイジングケアも早期の取り組みが重要なんです。

早い段階からアイテムを取り入れて、肌をすこやかに保つことがなによりも大切です。
すこやかな肌を保つために、エイジングケアアイテムを選ぶ際は次のポイントを意識しましょう

エイジングケアの基本は保湿成分が配合されているアイテムを

スキンケアの基本は「保湿」ですが、肌の水分量は年を重ねるにつれて減少し続け、乾燥しやすくなるといわれています。
つまり、エイジングケアであっても保湿というのは非常に重要です。
乾燥状態が進むとシワの原因になったり、化粧ノリが悪くなってしまったり..と乾燥肌は美肌の天敵なんです。

また、肌が乾燥すると外的な刺激(摩擦・紫外線等)の影響も受けやすくなり、その他の肌悩みを招く一因になりかねません。
肌にうるおいを与えてキープするためにも、保湿成分が配合されたアイテムを取り入れましょう。

【保湿成分として配合されることのある成分一覧】

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アミノ酸(アルギニン等)
・グリセリン
・NMF
・メーカー独自の保湿成分 など

加齢に伴う変化で最も多いのが「乾燥しやすくなった」という悩みです。そこで、エイジングケアをするならまず乾燥対策が挙げられます。
乾燥を防ぐという観点で最も重要なのが化粧水ですが、肌の保湿をする=化粧水を使えば大丈夫というわけではありません。
上記の成分を含んだ化粧水を意識することで、乾燥を防いで潤い肌を目指すことができますよ。

エイジングケアを始めるなら取り入れたい「ナイアシンアミド」

皆さんはナイアシンアミドという成分を知っていますか?
厚生労働省が「シワ改善効果を認可」したのが、エイジングケアを始める際には是非とも取り入れたい成分なんです。

ナイアシンアミドとは、ニコチン酸アミドとも呼ばれ、ビタミンBの一種です。バリア機能サポート、血行促進、肌荒れを防ぐ作用のある水溶性成分のため、汎用性が高く、化粧品に従来から使われている成分です。さらに、医薬部外品で有効成分として配合される場合は、美白効果やシワ改善効果が認められています。

出典:https://www.biteki.com/skin-care/trouble/451470

ニコチン酸アミド=ナイアシンアミドはビタミンBの一種であり、主に「目元・口元・額などのシワ」を改善し、「シミ・そばかす」を防ぎます。

一般的にシワの発生は、肌の奥(真皮層)のコラーゲン不足が原因だとされています。
そこで、ビタミンB群の一種である有効成分ナイアシンアミドが作用することで、肌の弾力を支えるコラーゲンの生成を促進してくれるんだとか。
さらにシミやそばかすの原因とされるメラニンの生成を抑え、美白肌に嬉しい効果も◎。

加齢と共に目立ちはじめるシミやシワ。「老化によるものだから…」となかにはケアを怠ってしまったり、改善しないと諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか?
そんな悩ましいシミやシワも、ナイアシンアミドなら改善出来る可能性があるんです!
上述したように国も認可するほど有効性が示されていることもあり、エイジングケアには必ず取り入れたい成分なんです。

「総合的にエイジングケア」できるアイテムとは!

近年ではガンコな大人のシミ・万年ぐすみに働きかけるエイジングケアアイテムが続々登場。
スキンケアの多様化が進む中でエイジングケアに早くから着手して実践している方とそうではない方では肌状況が一目瞭然です。
なかでも「ナイアシンアミド」が含まれた総合的にエイジングケアできる見逃せないアイテムがあるんです。

そこで、下記では当サイトがオススメするエイジングケアアイテムを紹介中です。
口コミ信頼性価格など総合的に評価できるアイテムばかりなので、まずはいつかお試しして自分にピッタリのエイジングケアアイテムを見つけてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次